土地家屋調査士とは

土地家屋調査士を知っていますか?

土地家屋調査士が専門的に行うこと

土地家屋調査士がどのような仕事をしているかご存知ですか?
土地家屋調査士とは、土地や建物に関する調査・測量・登記を行う、国家資格を有した専門家です。

土地や建物を取引するには、物理的現況や権利関係を調査する必要があります。
土地家屋調査士は、その中でも物理的現況を特定する専門家です。
境界があいまいである場合には測量して境界を明らかにするなど、調査・測量・登記を当事者に代わって行います。

土地家屋調査士とは

  • 土地家屋調査士とは土地や建物を調査測量して法務局に登記する代理人です。ここで言う登記とは不動産の登記簿謄本の表題部登記を行うことです。
  • 登記簿には表題部登記と権利登記があります。表題部の登記の代理人は土地家屋調査士、権利登記は司法書士がします。土地家屋調査士と司法書士は登記には必ず関わっています。
  • その他の業務として、土地を測量します。測量をして境界を立会いし定める、という境界確定業務があります。

土地家屋調査士の意義

土地家屋調査士(抜粋)

あなたにかわって登記手続きを代理いたします。「土地家屋調査士」は、表示に関する登記の専門家です。 土地や建物を調査・測量して、所有者にかわって「表示に関する登記」の申請手続きをするのが「土地家屋調査士」の仕事です。 信頼できる表示に関する登記のプロフェッショナルといえます。
あなたの大切な財産である土地や建物は、法務局(登記所)に登記することにより法律でその権利が保全されます。

土地家屋調査士法3条

■(業務)第三条
調査士は、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする。

2. 前項第7号及び第8号に規定する業務(以下「民間紛争解決手続代理関係業務」という。)は、次のいずれにも該当する調査士に限り、 行うことができる。この場合において、同項第7号に規定する業務は、弁護士が同一の依頼者から受任している事件に限り行うことができる。

3.法務大臣は、次のいずれにも該当するものと認められる研修についてのみ前項第1号の指定をするものとする。

土地境界トラブル・測量・登記 お問い合わせ下さい!! 092-263-5051 受付時間 8:30-18:00(土・日・祝休み) インターネットからの受付