未然に防ぎたい隣人トラブル

安心して生活するために

せっかく土地や建物を購入・売却しようと思っていても、隣人トラブルの不安を抱えたままでは安心して生活することができませんよね? 土地や建物を売買するときにありがちな隣人トラブルを未然に防ぐためには、事前にそのポイントを理解しておく必要があります。

買うときのポイント

土地や建物を買うときに隣人トラブルを未然に防ぐポイントとしては、隣人との間でトラブルになりそうな内容を、事前に売主から聞き出しておくことです。 ですが実際には、売主と面と向かい合って聞き出す機会はないかもしれません。
そんなときは、仲介する不動産業者に調査してもらいましょう。

余裕を持って確認を
契約の直前になって不動産業者に調査を依頼しても、詳細な内容を聞き出すことができないかもしれません。
そのため大切なことは、ある程度の時間的余裕を持って不動産業者に依頼することです。
不動産業者には調査義務はないものの、時間的余裕があればそれなりのことは調査してくれますので、契約前に行っておけば大きなトラブルに巻き込まれるリスクを小さくできるはずです。
専門家に相談する
しっかりとした不動産業者であれば、こちらが希望する詳細な内容を事前に調査してくれるでしょう。
ただし、そもそも不動産業者に調査義務があるわけではないので、隣人に少しだけ聞いて「特に問題はありません」と結論づけてしまうことがないとも言えないので、注意が必要です。 どちらにしろ、隣人トラブルをより確実に防ぐためには、専門家に依頼することがベストでしょう。
土地家屋調査士に依頼すれば、隣人トラブルの内容を精査し、適正な処理方法を教えてくれるはずです。

売るときのポイント

土地や建物を売るときに隣人との間に起こるトラブルの原因としては、境界線のあいまいさが挙げられます。
隣人にあいまいな境界線上にフェンスを建てられてしまったり、木の枝が超境したまま売却したりすると後々トラブルになりますので、注意しましょう。

専門家に相談する
トラブルを避けるための大切なポイントは、何よりも専門家に相談することです。
土地家屋調査士に相談しながら、適正な処理を実行していきましょう。
境界を特定し、正確な情報に基づいて売却を進めていけば、大きなトラブルを未然に防ぐことができるはずです。

土地境界トラブル・測量・登記 お問い合わせ下さい!! 092-263-5051 受付時間 8:30-18:00(土・日・祝休み) インターネットからの受付