不動産業者の皆様へ - 土地・建物の取引に必要なこと-

不動産取引をスムーズに進めるために

不動産業者の方が、「土地を売買する」「建物を新築する」という契約にかかわる場合には、それぞれ次のことを行う必要があります。

土地の売買

土地を売買するにあたり、本来であれば、土地の現況と境界が一致しているはずです。
ところが、昔のおおまかな測量技術などの理由によって、現況と境界が一致していないこともあり得ます。 そこで、現在の測量技術を活用して境界を特定します。そのためには、土地家屋調査士に相談して適正な処理を行う必要があります。その上で、売買契約を進めていきましょう。

測量は必要?! 依頼すると高いのでは…? そんなときは土地境界基礎調査!! まずは事前調査をご依頼ください!登記簿や近隣まで含む図面の調査と現地の事前調査を行います!! 詳しくはこちらから

建物の新築

土地の測量
建物を新築する場合には、まずは土地の境界を特定しておく必要があります。 土地の売買と同じように、現在の測量技術を活用して境界を特定します。まずは土地家屋調査士に相談しましょう。
建物の登記申請
建物を新築する場合には、まずは土地の境界を特定しておく必要があります。 土地の売買と同じように、現在の測量技術を活用して境界を特定します。まずは土地家屋調査士に相談しましょう。

まずはお気軽にご相談ください!

実際に具体的な案件がある場合には、その内容に沿ってご説明させていただいたほうがわかりやすいかと思います。 ご不明な点などがありましたら、お気軽に当事務所までご相談ください。

土地境界トラブル・測量・登記 お問い合わせ下さい!! 092-263-5051 受付時間 8:30-18:00(土・日・祝休み) インターネットからの受付