土地家屋調査士の業務

土地家屋調査士の業務内容

境界の測量は土地家屋調査士専門分野の業務です

土地の境界は思い違い、勘違いしやすいもので、例えば、自分はブロック塀の中心と思っていて、隣の人に聞いたらブロックの内側であることを言われたなど、意外にあいまいなものです。境界の測量は土地家屋調査士が専門分野の業務です。トラブルになる前に土地家屋調査士に相談しましょう。

土地の業務

土地の業務

土地の登記は所有者である、あなたの意志による申請が主になる土地の面積を正確にする土地地積更正登記、土地を2個以上に分割する土地分筆登記、前記2件に関わる測量業務として土地境界確定測量、田や畑を埋めて宅地にした時の土地地目変更登記、2個以上の土地を1個の土地にする土地合筆登記があります。

建物の業務

建物の業務

建物の業務としては、新築の建物を登記する建物表題登記、建物を取り壊した時にする建物滅失登記、建物を増築・用途の変更・附属建物新築・一部を取り壊した時などの建物表題変更登記、その他に分譲マンションの登記の区分建物表題登記や2個の建物を物理的に合体する建物合体登記、2個の別々の建物を1個の不動産として扱えるようにする建物合併登記、1個の不動産を物理上、または論理上2個以上の建物にする建物分割登記などあります。

土地境界トラブル・測量・登記 お問い合わせ下さい!! 092-263-5051 受付時間 8:30-18:00(土・日・祝休み) インターネットからの受付